DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    2期687年7月/8月
    2007-08-18 Sat 22:40
    毎日暑い日が続いている。





    俺は先日、1度対戦して以来親しく(?)させてもらっている
    黒猫団のゲイルさんから

    「ブーメランパンツ」

    なるものをもらった・・・


    が。



    俺は「水泳」というものがダメだ。
    というか、東方でも北の地で育った俺は、
    「泳ぐ」という事がとても苦手だ。
    泳げない訳ではないのだが・・・

    恐らく戦闘中、何かの間違いで敵が水の中に、もしくは
    俺自身が水の中に落とされたりしてしまったら・・・




    絶対に、勝てない。
    ・・・と、思う。



    というわけで、柏風たちが海に誘われていたのが
    とても気になっていたのだが・・・
    俺は諦めた。

    そして・・・
    このブーメランパンツは、そのまま荷物の中に仕舞われた。


    いや。
    そもそも・・・







    この「パンツ」って、海水浴に穿いていけるものなのか・・・?


    「・・・」





    俺はそのまま思考を止めた。
    うん・・・

    深く考えるのは、よそう・・・。
    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。