DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    1期688年7月
    2006-05-11 Thu 23:07
    バルバシアの薄暗い城内で・・・俺たちは
    「TRIDENT III-Blaze a soul ? Kill.If killed.」のメンバーと対峙する。


    弓を構えたフレイアさんが・・・決意を込めた目をこちらに向け、
    何か呟いた。

    続けてブレードさんも、何事か呟くと静かに銀色の長い髪を閃かせ身構えた。
    そして、年若い・・・女性であるセインさんも、神楽さんも・・・

    そう。
    俺たちは・・・火の粉。
    燃え盛る炎は、何も選ばない。
    ただ、そこにあるものを焼き尽くすのみ。

    そして俺は、人間には使わないと誓っていた「能力」を使った。
    プラチナに煌めく・・・光の黄金龍の使い・ミオル=サーラ・ナーガ。

    そしてアゼリアはアジタートを。
    ベルカナもそれぞれの「御力」を召喚する。
    楓は・・・普段からは想像もつかないほどの、冷たい表情で相手を見据える。
    そして何のためらいもなく、構える。


    ・・・静寂を打ち破ったのは、トーニーの冥い旋律だった。
    続いてセインさんが聖なる響きを城内にこだまさせる。

    が、その一瞬に、スーランジャーナが飛び出した。
    フレイアさんとブレードさんがその動きを読み、止めに入ったものの
    行動を全て止める事は出来ず・・・
    まともにスーランジャーナの攻撃を受けてしまったフレイアさんは足を骨折した。

    そしてそのままの流れで続けて攻撃を受けたブレードさんも、
    アゼリアの挑発的な言葉に乗ってしまう。
    ・・・そして、その御使いであるアジタートがそのまま敵陣に切り込む。

    俺は、挑発にカッとなってしまった(ように見えた)ブレードさんを狙った。
    悔しいが恐らくまともに斬り合えば、俺の今の力では・・・
    絶対にブレードさんには太刀打ち出来ない。

    ミオル=サーラ・ナーガを敵陣に向かわせると同時に、
    側面からブレードさんの持ち手を狙って、槍の柄で打撃を加えた。
    一瞬でもいい。持ち手が痺れれば、次の一手が遅れる。
    そして打ちつけた後、すぐさま俺はサイドへ回り込み、同じように全員の持ち手を狙った。

    ・・・俺の出番はここまで。
    相手の行動を一瞬阻害すれば、あとは後方に控えている
    「彼女」らがやってくれる。

    アゼリア の アイアンクロー が発動した。
    そして続いてマジックランス・・・
    同時にベルカナの燃え盛る炎が、
    渾然一体となってトライデントのメンバーに向かっていった。
    その炎の槍が敵を包み込んだその瞬間。

    楓の必殺の、神技が繰り出された。

    その攻撃をまともに受け、フレイアさんが・・・静かに倒れる。
    さらに渦巻く炎はブレードさんを襲った。
    第一撃の炎でダメージを受けていたブレードさんも、続く第二波には立っていられなかった。

    このまま、残った者も・・・
    と思った瞬間。神楽さんが決死の覚悟でこちらへ斬り込んで来た。
    ・・・狙いは・・・ベルカナ。
    詠唱後の隙をつかれた格好で、ベルカナは一撃目はカウンターで返すものの
    続く連撃には耐えられず大きなダメージを受けてしまった。

    が、そこに再び、トーニーの冥い旋律が響き渡る。

    ・・・空気中の毒素が、一気に集約され・・・
    それは濁った空気となり残されたトライデントに襲いかかる。

    その混乱をついて、スーランジャーナと俺、アゼリアの魔法は
    残った者たちの動きを阻害しに斬り込む。
    そして・・・
    じっと待機していた楓が動いた。

    時が満ちる。

    ダメージを受け、同じく待機していたベルカナも、ただ休んでいた訳ではなかった。
    ・・・彼女の使い魔はまだ彼女の意志で、はっきりと動いていた。


    そして・・・
    戦いは終わった。

    城内に残されたものは、くすぶる炎と焦げ臭い臭い。
    俺はただ、その場に座り込んでいた。
    槍を握りしめたまま。
    スポンサーサイト
    別窓 | 戦闘(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。