DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    2期684年10/11月
    2006-12-21 Thu 00:04
    月が変わって10月。
    俺たちは、ミレット山道へと移動した。


    ・・・ここは以前の旅の時にも通ったが、危険な為
    すぐに通り去った場所だった記憶がある。



    案の定、敵は俺たちとほぼ互角・・・
    中には俺たちよりも実戦経験が豊富であろう、バルバシアの直属の兵士などもいた。

    油断すると危険なのは間違いない。


    最近・・・
    自分の中への不安からか、戦闘面でも苦戦する事が多かった。
    だが、そうは言っていられない危険な地帯へ
    これから俺たちは踏み込んで行く事になる。


    つまらない自分事で精神を揺らしていては、
    それが元で仲間のピンチを招く事になり兼ねない。




    今はただ・・・
    この状況を上手く乗り切る事を考えようと思う。





    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。