DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    感謝を込めて
    2014-12-07 Sun 00:00
    TTIの皆様、今まで本当にお疲れさまでした。
    そして、長い間DK界を盛り上げ、引っ張っていって下さった事に感謝を込めて。




    ==================
    思えばDK2の第4期終盤。

    右も左もわからぬ状態でリア友のPTに誘われて旅を始め、
    ようやく慣れてきた…という時。
    いきなりTTIさんに斬られたのが、出逢いでした(笑)
    あれは本当に衝撃でした…

    プレイヤー同士が斬り合うシステムを知ったのも、あれが最初でした。

    そして監督さんと八雲さん、TTIの事を知りました。



    それからTTIさんのサイトに通うようになり、
    自分を斬ったはずの憎いPT…のはずなのに
    何故か毎週TTIさんのサイトを見るのが楽しみになり(笑)
    いつの間にかファンになっておりました。

    その後私もずっとDKを続けて、何故か敵対組織にいたり、
    敵対視されるような立場にいることもあったりして、
    正直、TTIさんに出入りするのもはばかられるような(笑)
    そんな感じの存在だったかなあ…とか思ったりもするのですが
    私自身はDK2の第4期、斬られた時からずっとTTIさんのファンです。

    「TTIに入社させて下さい!!!」

    とお願いに行こうかと思う時も何度もありました。



    監督さんは、私の最も尊敬するDKプレイヤーです。

    ネトゲをやっていると、よく周りから
    「たかがゲームにそんなに時間割いて…」
    と言われます。

    が、私はたかがゲームと言われるようなものにさえ
    真剣に、本気になれなくてどうする、と思うのです。

    そして、監督さんはそんな「ゲーム」を
    本気で楽しんでいるプレイヤーさんの1人でした。

    どんなにリアルが忙しかろうが(忙しかっただろうとお察ししているのですが)
    監督さんはそんな空気を微塵とも感じさせず、
    毎週欠かさず更新し、常に周りを盛り上げていました。

    「本気で」「楽しむ」

    その姿勢は引退する最後まで変わりませんよね。

    本当にすごいと思います。

    私なんて脱藩はするわ、脱落はするわ(ぁ
    今となってはもう何もかもがぐだぐだな感じですがw
    こんなダメ人間でも、監督さんを尊敬していた…
    という事実は変わりないものだと、ここに記しておきます(何



    最後も本当は、きちんとご挨拶に伺いたかったのですが
    自分はその〜…
    何となく、招かれざる客だと思っておりまして。

    こちらでひっそりとご挨拶に代えさせて頂きます。

    コメント欄も半年前くらいからスパムというか…
    ちょっとお返事躊躇うような内容のコメントが増えてしまい
    閉鎖してしまいました。

    ので、返信なども不要でございます。


    監督さん
    諸羽・アルファベータ・フィルバートさん
    サブローさん
    八雲さん



    皆様は永遠の


    ミスターDKです!O(≧∇≦)O



    何度言っても言い足りない!
    ありがとうございましたーーーーー!!!!!
    スポンサーサイト
    別窓 | お知らせ(PL)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。