DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    5期684年5月-バーリー要塞
    2013-02-16 Sat 00:24

    ティターニアでの警備、食料の調達なども終わった。
    身支度を整え、俺たちは宿を出た。

    目指すは、バーリー要塞。







    アネットが持ち前の人当たりの良さを発揮し
    俺たちは宿に泊まっている同じような兵士たちから
    バーリー要塞についての情報を仕入れる事が出来た。

    どうやら、ここから先はモンスターや妖魔の攻撃が
    これまでの敵とは全く違ってくるらしい。

    兵士たちが守る砦を越えるか…
    はたまた要塞から山道を越えていくか…

    目的の地の1つであるバルバシアに辿り着くには、二通りの道がある。

    話し合い、とりあえず様子見を兼ねて
    バーリー要塞へ向かう事にしたが…

    もう1度、話し合うのも良いかも知れない。



    ======

    ところで、バレンタインという行事の一環で
    チョコレートのお菓子を貰った。

    masterの記憶にも、そのような記憶がある。

    だが、まさか映し身である自分に
    そういうものが貰えるとは、思ってもみなかった。

    …お礼を、しなければ。

    とにかく、そう思った。








    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(Selios)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。