DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    4期685年3月
    2011-08-29 Mon 14:52

    あんまり暑いから、どーしてもアイス食いたくなって
    よく街の店までダッシュするんだけど…

    走りまくったおかげで、体力がついてきた気がするなぁ。






    (ランはすっぱいのが好き?何だったっけ
     奏は何でもいいっぽい、だったはず
     風牙はパシリと呼ばれて喜ぶっぽい
     と、慌てて書き殴ったような
     汚い走り書きの字で日記に書いてある)


    そいから、何だっけ。



    あ、そうだ。

    何か、3人組の人たちと会った。

    聖者の丘っていうから、てっきり登ると
    「聖者になりませんか!?」って勧誘されるのかと思ってたら
    この人たちって、それっぽい人じゃないなあ。

    むしろ身構えてて、何かやる気満々っぽい。

    俺も戦った方がいいのか?
    でも、ここって確かディアスのしぇんなんとかって
    偉い人がモンスターとか討伐指令してたとこだよな…
    冒険者同士で戦って、いいのかな?

    何か、怒られそうなんだけど………

    とりあえずどうするか、ランと奏に聞いた方が良さそうだな。
    俺、こういうの良くわかんねぇし。




    だから紫音にバカって言われるのかな…

    まぁ、いっか。




    あ、やべぇ。
    紫音、こないだケガして街送りになったって
    聞いたんだけど………

    連絡取ってねぇな…
    父さんと母さん、怒るだろうなぁ…

    よし、今度紫音の所に行ってみようっと。

    はあ、書くのって疲れるなぁ。
    今日はこんくらいにしとこ。





    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士鴛)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。