DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    道中?後編
    2006-09-07 Thu 14:50
    そこにいたのは・・・
    この「Red Plume」の管理をしているという、リグストラムさんを始めとした
    Red Plumeを経営している人々だった。

    ・・・そこで、俺はリグストラムさん・・・リグが、旅へ出ると言う話を聞くことになる。

    彼の冒険の目的までは、まだ聞いていない。
    だが・・・
    話をしているうちに、俺はこの人と一緒に行動を共にしたくなった。

    何故だか、不思議と・・・
    この人とは何処か、自分と共通する部分があるような感じがしたのだ。

    そして。
    突然の申し出だったのにも関わらず、リグは俺の申し入れを受け入れてくれた。
    俺は「うさぎのぬいぐるみ」を探すのが、あくまでも今度の旅の目的。
    それにまだまだ足手まといの子供たち・・・
    士凰と留歌を引き連れての旅。

    だが、それでもリグは・・・俺と共に旅をしてくれると言う。
    俺は彼の心遣いに感謝すると、部屋に戻り旅の準備をすることにした。
    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。