DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期690年9/10月
    2011-02-28 Mon 14:09

    しばらく赤眼の塔に滞在している。

    というのも、寒い中クリスマスで手伝いをしたり
    薄着をしていた事が禍したのか(?)
    紫草が体調を崩してしまったのだ。





    赤眼の塔で戦闘しては、戻って街で回復する日々。

    一時は俺も体調を崩して、風邪気味になったりもしたが…
    紫草が作ってくれる生姜湯や食事で、何とか回復出来た。
    だが、紫草の体調不良が長引いている。

    何とかしてあげたいのだが…
    残念ながら俺には、両親とは違って食事を作る技能がない。

    (こういう時は、本当に父さんと母さんの凄さを
     思い知るよ………)

    父も母も、料理の腕は超一流だった。

    一緒に暮らしていた頃は、さほど気にしてもいない事だったが…
    今となっては、そのありがたさが痛いほどわかる。

    (街に、出ようか………)

    体調不良に効きそうな、薬効のあるものを買ってこよう。

    それから………
    紫草が作ってくれた、生姜湯。

    レシピを聞けば、俺にも作れそうな気がする。

    …紫草の為に。








    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士凰)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。