DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期689年7月?後悔
    2010-09-28 Tue 13:13

    ここ最近、いろいろと友人の手伝いをすることが増え
    紫草とゆったり過ごす時間が減っていたのだが…

    うっかりしていた。
    いや………これは「うっかり」では済まされない。

    あれほど気にして、準備をしていたのにも関わらず…
    完全に、「その日」が頭から抜け落ちてしまっていた。


    (紫草………怒っているだろうな………)




    ノアトゥーンの街に入り、いつもの通り長期の宿の手配を済ませる。

    その手続きが終わるや否や、俺は部屋を飛びだした。
    紫草は少し驚いていたようだが、今は彼女に追いかけられると
    ………困る。

    夕方には戻るから、と努めて平静を装いながら
    急ぎ足で宿を出た。


    (しまった………
     もう、何日経ってしまったんだ)


    歩きながら、指を折る。
    1、2………


    確認し終えると………我ながら呆れて、声も出ない。


    (もう、1週間以上も過ぎていたのか…)


    それは、イブラシル歴で6月のこと。
    俺たちの国の暦で………9月20日。


    (自分の誕生日なら、いざ知らず…
     まさか、愛する人の大切な日まで失念しているとは………ね)


    俺は店の前で、はぁ…と頭を抱えて、溜め息をついた。


    (留歌は俺の誕生日を忘れてる、って言ったけど…
     やはり血は繋がっている、ということか。
     
     ………俺も人の事は、言えないな………)



    さて、急がなければ。

    後悔の念と、申し訳ないという思いは尽きないが
    まずはとにかく早く、紫草に誕生日のお祝いをしてあげたい。

    そして………謝りたい。






    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士凰)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。