DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期686年12月
    2010-02-14 Sun 23:55
    「ただいま」


    良く透る、それでいて低めのトーンの、聞き慣れた声。
    ・・・宿に士凰が戻ってきた。


    「・・・し、士凰・・・?
     その、荷物は・・・??」

    「ん?ああ、これ?
    ・・・バレンタインにもらったものだよ」



    にっこりと、いつもの穏やかな笑顔で微笑んでみせる。
    どさり、とテーブルの上に置いたそれらは・・・
    俺が今まで生きてきて、見た事も無いくらいの量だった。


    「・・・士凰・・・
     一体、いくつくらいもらった・・・の?」

    「ん・・・どのくらいだろうね?
    確かめてないから、数えてみようかな。

    1:クレア(54)さん
    白イチゴもどきなチョコレートが数個

    2:クリス=アームストロング(166)さん
    マカデミアナッツ入りチョコレート

    3:イリス(1139)さん
    1ホールチョコレートケーキ

    4:ルリ(71)さん
    ハート型のチョコレートケーキ

    5:ルディ&ユーリ(1187)さん
    ウィスキーボンボン

    6:ツクジ(111)
    ドラム缶いっぱいの溶けたチョコ

    7:ドリ村テ町(1128)さん
    チョコレート

    8:紫草
    ガトーショコラとココアクッキー
    アイボリー色のVネックカーディガン(手編み)

    9:ヨクト(261)さん
    チョコの固まり

    10:エアリア(903)さん
    カカオチョコ

    11:アル(1348)さん
    見た目がちょっとあれなトリュフ

    12:エルマ(1308)さん
    一口サイズの生チョコが5つ
    (プレーンが3つ、ナッツ入り2つ)


    ・・・ああ、でもツクジは「留歌と」って言ってたから
    俺の分は・・・11個、かな」


    「・・・・・・・・・・」


    恐らく、ただ一人を除いて全部義理チョコ。
    ・・・というものだとは思うが・・・
    あっさりと言いのける士凰の様子に、
    俺はただ、溜め息をつくしか無かった。


    「どうしたの?父さん。
    ・・・ひょっとして・・・母さんが恋しくなった?」


    「なっ・・・!
     お、大人をからかうもんじゃないっ!」


    ・・・ただ、クスクスと笑う士凰。

    何を言ったら良いのかわからない、俺を尻目に
    いつの間にか留歌もやってきて、
    そのままみんなで「贈り物」をありがたく頂く事にした。


    「・・・あ」

    「どうした?」

    「これだけは、俺が1人で。・・・ね?」


    クスリ、と悪戯っぽい笑みを浮かべて
    士凰はその中の1つを自分の手元に隠すように預かった。

    それは・・・紫草さんが贈ってくれたものだった。



    (本当に・・・士凰は紫草さんの事、
     特別に想ってるんだな・・・)


    ・・・Liesa。
    士凰はいろいろあるみたいだけど・・・
    うまくやってるみたいだよ。


    俺は、何となくホッとした気分で
    留歌と目を合わせて笑った。




    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。