DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    お知らせ(8/2 22:00追記)
    2006-08-02 Wed 15:27
    皆様、遅くなりましたが今期途中からスタートした
    「士皇の日記」へのお越し、ありがとうございました。



    今回の旅、士皇は自分の妻・半精霊のLiesaにかけられた
    「精霊の呪い」
    を解くべく大陸中を奔走している・・・という設定で旅をしておりました。

    そしてその後の詳細は、こちらからもリンクを貼らせて頂いております
    LiesaPL様のサイト「踊り子の行く先」内「ストーリー」から
    読む事が出来ます。
    もし宜しかったら、こちらの方も合わせてご覧頂けると
    士皇とLiesaの2人の物語がどういう風に続いて来て、どういう風に
    終わりを迎えるのか・・・
    がおわかり頂けるかと思います。

    ちなみに「踊り子の行く先」管理人様は、優梨亜様。
    「ストーリー」の作者さんももちろん、管理人である優梨亜様です。

    本当に士皇がお世話になりました。
    そして、大切な物語の中に、士皇を使って頂けてありがとうございました。
    この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。


    そして。

    今後の士皇についてですが・・・

    現時点では士皇続投を決めております。
    ですが、士皇とLiesaの息子・士凰(しほう)もプレイキャラとして
    候補から外していない状況です。

    どちらにせよ、こちらの日記は続けて行こうと思っておりますので
    今後も変わらぬご愛顧(笑)宜しくお願い致します。



    それでは皆さん。
    また来期にお会いしましょうー!
    今期も本当にありがとうございました。

    (PS:こちらの更新は再開するまでにも、不定期に更新を続けます。ふらっと覗いて頂けると何か読み物が増えているかも知れません(笑)
    スポンサーサイト
    別窓 | お知らせ(PL)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。