DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期685年9/10月
    2009-10-21 Wed 23:51
    紫草と共に聖者の丘に滞在して、2ヶ月間・・・


    何処からか出没するモンスターや妖魔達と
    戦闘しながらの・・・
    あまりのどかとは言えない旅だったが、
    それでも俺たちは、戦闘の合間のひとときを共に過ごした。


    「・・・楽しかったよ。」


    「………うん、私も」



    別れの時は、何故か交わす言葉は少なかった。

    寂しくない、と言えばウソになる。
    本当は、このまま共に・・・

    だが、俺たちには、まだ互いにやるべき事・成したい事がある。


    後ろ髪を引かれるような思いで、抱き締めていた彼女の体を離した。
    そして、振り向かず・・・
    歩き出す。



    俺にはまだ・・・次の戦いが待っているから。





    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士凰)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。