DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期685年5/6月?誕生日
    2009-09-20 Sun 23:27
    9月20日・・・


    俺は聖者の丘から、近くの街に降り「とあるもの」を買うと
    ・・・すぐさま丘へと戻った。


    (今日は、紫草の誕生日・・・・・・・・)



    歩みを早める。





    手に持った小さな・・・けれど綺麗に包装された白い箱に、
    なるべく衝撃が加わらないよう。


    ・・・紫草の瞳・・・菖蒲と同じ色をした、小さな丸いイヤリング。

    こういう時、アクセサリーを作るのが得意だった父が
    羨ましく思える。


    (手作りではないけれど・・・
     紫草は喜んでくれるかな・・・?)


    いつになく、高鳴る鼓動。
    ・・・緊張している自分に、戸惑いながら丘を登る。


    「誕生日、おめでとう」


    早く、それを伝えたい。


    ・・・・・・・・・愛する人に。






    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士凰)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。