DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    1期689年1月
    2006-06-28 Wed 23:04
    トーニーがこの地を去ってしまったショックは大きかったが・・・
    俺たちは戦いをやめる訳にはいかない。



    それぞれに目的のある今回の旅。
    俺は・・・
    妻のLiesaにかけられた精霊の呪いを解く為に
    手がかりになるであろう「精霊界への入り口」を探している。

    今、修行として戦っているこのヴァルグ渓谷の周辺から
    何となくそういう気配を感じるときがあるのだが・・・



    ところで今回は久しぶりに戦闘に参加した。
    ・・・戦いはあまり好きではないが、やはり技が上達している事を
    実感出来ると嬉しい。

    このままもっともっと強くなりたい。



    ・・・俺たちをいつも守ってくれた、父のように。





    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。