DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    2期691年6月
    2008-07-12 Sat 15:11
    新しい槍が、届いた。


    東西南北維角さんが、俺の依頼した
    「鳳凰の能力を導き、槍に借り受ける事の出来る「法」」
    を刻み、創り上げ・・・

    失う事の無いよう、リグが呪力を込めた

    「鳳凰の力を宿す槍」。



    槍を握りしめるだけで、その力がどれほど強大なものかを感じる。


    (これを振るった時・・・相手はどうなるのだろう?)

    妖魔や、モンスター相手ならともかく・・・
    人間に使った時。







    ・・・俺は、手にした「力」の重みを感じていた。






    スポンサーサイト
    別窓 | 戦闘(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。