DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    2期688年9月
    2007-11-16 Fri 11:26
    (・・・また・・・)


    仲間と共に移動してきた、奥深い森の中で・・・
    俺は何やら蠢く気配を察していた。


    ・・・目を閉じると、広がる暗闇の世界。
    そのまま意識を奥へ。

    もっと


    もっと、奥へ。

    (・・・?)


    感じた気配は、2つ。
    誰のものかは、わからない。


    (俺とは・・・一度も会った事の無い人物、ということか)

    ・・・ざわめく。

    暗がりの奥が・・・
    揺らいでいるのがわかる。




    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。