DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期690年6/7月
    2011-01-24 Mon 00:41

    しばらく忙しくあちこち出歩いていた。

    が…クリスマスも近くなったし、俺はバレないように
    紫草にプレゼントを用意すると宿へ戻った。

    ニザヴェリール野の街道脇にある、小さな宿屋。

    「ただいま、紫草…」

    そこに、待っているはずの人の姿は無かった。
    不思議に思い、テーブルの方に歩み寄ると…
    1枚の置き手紙。

    『近くにある洋菓子屋さんへ、お手伝いに行ってます』

    「………?お手伝い………?」


    3期690年6/7月の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士凰)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。