DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    2期692年9月
    2008-10-19 Sun 23:39
    アルヴィスの森で、「紅楼」との戦闘を終え・・・
    俺たちはこの森を去るか、それとも残るかで相談を繰り返していた。

    が・・・


    俺はどうにもこの森を離れ難かった。

    2期692年9月の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | 戦闘(士皇)
    2期692年7月
    2008-10-05 Sun 23:33
    ルベツアール峡谷で、感じていた気配は遠ざかってしまった。いや・・・

    「彼」の言っていた言葉を借りて言えば。
    俺たちはまだ、「出会う時」には、至っていなかったのだろう。


    霧深い峡谷を後にしながら、俺はいつになく昂る・・・
    普段は己の奥底に秘めなければならない、と認識している
    「何か」が蠢き出したのを感じ始めていた。

    2期692年7月の続きを読む
    別窓 | 戦闘(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。