DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    呪われし者
    2007-08-31 Fri 14:06
    機動殲滅隊との戦いが終わって、数日・・・


    宿に戻って来た俺は、その日・・・
    いつも以上にうなされて目を覚ましたらしい。

    「ここしばらく、治まっていたはずだったのに・・・
     まさか、また風火さんが・・・」

    心配そうに士凰が呟く。

    「お父さん・・・
     ここの所、ちょっと戦闘が続いていたから
     疲れただけよ。きっと!」

    あくまでもポジティブな思考の留歌は、
    心配指せまいと明るく振る舞う。


    「・・・すまないな、士凰。
     多分・・・留歌の言っている通りだよ。

     疲れたんだ、きっと」


    呪われし者の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士皇)
    2期687年10月
    2007-08-31 Fri 13:55
    気が付くと、周りには誰もいなくなっていた。
    俺たちと・・・そして対峙している


    「機動殲滅隊 壱番 - 鬼 -」


    同じ業を背負っているもの同士、何も言葉は必要ない。
    対峙する・・・
    それが全ての「合い言葉」。


    「それでは、殲滅を始めよう」


    レイリアさんが囁くように、が、力強く言葉を放つ。
    そうだ・・・
    これが、機動殲滅隊。



    2期687年10月の続きを読む
    別窓 | 戦闘(士皇)
    2期687年9月
    2007-08-31 Fri 12:25
    「……鳳凰も、赤い翼ですね。私も『殲滅の鳳凰』となれるでしょうか……」


    そう言いながら、複雑そうな笑みを浮かべてリグが槍を手渡す。
    「殲滅の鳳凰」・・・

    俺が戦いに出る度に、自分の好きな武器に名付ける「名前」。
    爪だった時もあるし、槍だった時もある。


    そして・・・今回。
    俺は東西南北 維角さんに依頼した時に、絶対にこの名を付けようと決めていた。
    もしかして・・・俺はこの時、予感していたのかもしれない。

    ・・・あの人たちとの、再会を。



    2期687年9月の続きを読む
    別窓 | 日常(士皇)
    2期687年7月/8月
    2007-08-18 Sat 22:40
    毎日暑い日が続いている。





    2期687年7月/8月の続きを読む
    別窓 | 日常(士皇)
    2期687年6月
    2007-08-04 Sat 00:32
    デスフラッターに背いた俺は・・・
    けじめをつけなければならないと、彼らの集う地・・・暗がりへと向かった。

    この時俺は、

    「いっそ除名してくれればどんなに楽になれる事か」

    と・・・
    そんな淡い「期待」を抱きながら、その場へ向かっていた。


    そう。
    俺は気付いてしまったのだ。

    ・・・自分の、本当の気持ちに。


    2期687年6月の続きを読む
    別窓 | 日常(士皇)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。