DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期後日談(3)
    2011-05-18 Wed 09:26

    いよいよ、結婚式の当日が訪れた。

    紫草は別室で支度をしている。
    一緒に選んだ白無垢…
    きっと、とても良く似合っているのだろうと思う。

    俺は、既に支度を終え呼ばれるのを待っていた。



    3期後日談(3)の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | 日常(士凰)
    3期後日談(2)
    2011-05-17 Tue 00:36

    「今日は誰と待ち合わせてるの?」

    紫草の故郷に着いてからというものの…
    しばらくは挨拶まわりなどで忙しそうに、
    やや緊張した面持ちが続いていた紫草だったが…

    今日は久しぶりに、楽しげな様子で
    足早に待ち合わせの場所へ向かっている。

    (よほど、仲の良い人と待ち合わせてるのかな)

    「前に…ちょっとだけ、話したことあったよね?」

    「ん?…えっと………」

    「あ、見えてきた」



    3期後日談(2)の続きを読む
    別窓 | 日常(士凰)
    3期後日談(1)
    2011-04-29 Fri 17:13

    紫草の実家である、寺の近所にある甘味屋の奥座敷。

    お茶とお菓子を注文し、それらが届くと同時に…
    俺は正面に座っていた1人の男性に、話を切り出した。


    「紫草を………妻に迎えたいと思っています」



    3期後日談(1)の続きを読む
    別窓 | 日常(士凰)
    3期691年2月
    2011-03-06 Sun 14:55

    神竜「ファーヴニル」との戦いの後、
    傷が治るまで街で静養していた俺たちだったが
    その傷もやがて治り…
    連日の戦いと、冷たい風で衰弱していた体もすっかり癒され
    遂に俺たちは、この大陸を後にする事にした。

    今まで行ったことがなかった地を、巡り…
    そして………


    3期691年2月の続きを読む
    別窓 | 日常(士凰)
    3期691年1月
    2011-03-02 Wed 12:37

    神竜………

    「竜」という美しい響きが、心を踊らせる。

    士皇の父で、俺の祖父に当たる沢神士狼は
    「竜」を愛していたと聞く。

    愛し続けた者は「龍神の化身」。
    破壊と戦闘と………慈愛を司る神。

    そして祖父は「鳳凰の化身」でもあった。

    …黄金の愛しい龍の為に、鳳凰は常に前線で
    己の命を投げ出して戦ったという。
    何千年も…

    何万年も…



    気が遠くなるほどの年月を。

    3期691年1月の続きを読む
    別窓 | 日常(士凰)
    3期690年11/12月
    2011-03-02 Wed 11:14

    「神竜にね………会いたいんだ」

    宿の部屋で窓の外を見ながら、紫草がそう呟いた。

    病み上がりの彼女の顔色は、あまり良いとは言えない色だったが
    今はうっすらと柔らかな桃色が差すほどに回復している。

    「神竜?…ああ、もしかして…」

    「うん。あの時の」

    クスリ、と小さく紫草が微笑んだ。


    3期690年11/12月の続きを読む
    別窓 | 日常(士凰)
    3期690年9/10月
    2011-02-28 Mon 14:09

    しばらく赤眼の塔に滞在している。

    というのも、寒い中クリスマスで手伝いをしたり
    薄着をしていた事が禍したのか(?)
    紫草が体調を崩してしまったのだ。



    3期690年9/10月の続きを読む
    別窓 | 日常(士凰)
    | 思いと言葉 | NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。