DK3という定期更新型ゲーム内の舞台「イブラシル大陸」で旅をしていた「沢神」を名乗る退魔師の一族が、旅で感じた事などを書き留めてあります。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告
    3期687年12月
    2010-05-24 Mon 15:40
    不安そうに、俺の方を見つめる紫草に目を合わせ
    少しだけ微笑んでみせる。


    紫草と、目の前にいる男たちは、直接面識はないはずだったが
    よく俺と会話をしている事は知っている。

    少なくとも俺と「彼ら」は友人だ、と・・・
    紫草はそういう認識をしていたはずだ。


    3期687年12月の続きを読む
    スポンサーサイト
    別窓 | 戦闘(士凰)
    3期685年2月
    2009-08-28 Fri 13:56
    「アストローナ遊撃旅団」・・・


    そう名乗った集団は、有無を言わさず斬りかかって来た。

    俺はその名を、良く知っている。
    人斬りをしていた父に、同行していた時から・・・

    3期685年2月の続きを読む
    別窓 | 戦闘(士凰)
    3期684年12月
    2009-08-04 Tue 23:05
    ヘステイア高地を越え、次に向かった所は・・・
    エクリム山道。

    高原の乾いた風はますます強く、上着がなくては
    行軍もままならないほどの寒冷な気候に戸惑う。

    雪こそ降らないが、険しい山脈が連なる茶色い山肌の道を
    ただ・・・歩く。


    3期684年12月の続きを読む
    別窓 | 戦闘(士凰)
    3期684年2月
    2009-05-30 Sat 23:22

    ピアノ、レミーナ、レクサス、マエストロ、ショウと合流した。
    その後すぐにミレット山道に出た俺たちだったが・・・


    3期684年2月の続きを読む
    別窓 | 戦闘(士凰)
    | 思いと言葉 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。